ページトップへ
温泉のご案内
緑に囲まれた敷地内から湧出する金泉・銀泉をこころゆくまでお愉しみくださいませ。

櫟の湯

ご入浴時間
櫟の湯 6:00~10:30、12:00~24:00
※二カ所あり、朝夕、男女入れ替わります。

くぬぎの湯の露天に広がる
くぬぎ林。

ジャグジーでは、お湯をかき混ぜる ことによりラドンを浴室へひろげ、 呼吸によりお体の中へたくさん ラドンを取り込んでいただける ようになっています。疲労回復等の効能があります。

立湯では、腰痛の方でもお湯の 圧力により楽に腰をのばすことが できます。また、お湯の圧力により 血行がよくなる効果もあります。 三種類の棒が足つぼを刺激し、 効能を高めます。

銀泉の蒸し風呂。ラドンを効率的に吸引して頂けます。低めの温度設定ですので、ゆっくりとお入り頂けます。小窓からは美しい緑をご覧いただけます。

大浴場

ご入浴時間
大浴場 5:30~10:00、11:20~24:30
※二カ所あり、朝夕、男女入れ替わります。

貸切露天風呂

体の中まで緑に染まりそうな目の前に広がる一面の森、
兆楽の貸切露天風呂は金泉・銀泉ともにお楽しみいただけます。

お申込み方法とその他ご留意点

◆お申し込みは、チェックイン後
 現地にてお伺いいたします。 4,320円(1回/40分)
その他、詳しくはこちらをご覧ください。
金泉・銀泉について
有馬温泉は、環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち、
7つもの成分を含む世界的にも珍しい多くの成分が混在した温泉です。
金泉
神代の時、大巳貴命と少彦名命の二柱の神により発見された有馬温泉、三羽のカラスが傷を癒していた有馬の金泉は、日本人がまだ土を掘る技術を持たない時代より大地の恵みをたくわえて自然に湧き出ている自然の温泉のことでございます。 有馬各地で湧きだしている金泉は泉源ごとに微妙に泉質が異なり、当館の金泉は、リチウムイオンが多く含まれており、癒やし効果が期待できます。
適応症
冷え性、腰痛関節痛、外傷、リウマチ、やけど、アレルギー性皮膚疾患、
自律神経系障害、月経障害 等
   もっと詳しく>>
銀泉
小説「鼠」(城山三郎作)に、当館の銀泉「ラジウム泉」が紹介されています。
個体をラジウム、気体をラドンと呼ばれる放射線物質を、入浴することにより呼吸器や
皮膚から身体に取り込まれ、自然治癒力が高まります。
Copylight(c) 2008 Choraku All rights reserved.